野鳥鑑賞

hong kong

  • 東南アジア最大の野鳥園で色彩と羽を楽しむ
  • 古代の茶器や年代物の茶器を鑑賞する
  • 伝統的な方法で淹れた現地の素晴らしいお茶を味わう




香港に動物園はありませんが、特にお子様連れの場合、香港公園のEdward Youde Aviary(尤德觀鳥園)に行く価値はあるでしょう。この野鳥園は熱帯雨林を模して設計されたもので、80種以上の鳥類が生息しており、コンラッド香港からも歩いて行ける距離にあります。パシフィック・プレイス・モールにある香港公園方向の標識をたどり、エスカレーターで上へとのぼります。(東南アジア最大の野鳥園であるにもかかわらず、そびえ立つ高層ビルの谷間にうまく収まっています)公園には、Flagstaff Museum of Tea(茶具文物館)もあり、年代物の中国茶器を見たり、ティースタイルの初歩を学んだりできます。茶具文物館の隣にあるLock Cha Tea House(樂茶軒)は、餃子やキノコの包子などの季節に応じたベジタリアン点心ランチメニューを提供しており、碧螺春などの花の香りの軽い緑茶から、プーアル茶のような年代物の黒茶まで、幅広い種類のお茶と共に味わうことができます。店員が伝統的な方法で茶壺にお茶を淹れてくれますので、茶葉をお土産にするなら、ぜひ淹れ方を覚えてください。














パシフィック・プレイス・モールのエスカレーターで公園に入るか、Supreme Court Road(法院道)とKennedy Road(堅尼地道)を歩いて行きましょう。高層ビルに囲まれているのに、そこは確かに公園です。シダの緑と椰子の木を目指していくと、鳥に囲まれてリラックスできる場所に着きます。

EDWARD YOUDE AVIARY(尤德觀鳥園); 所在地:Hong Kong Park, 7 Kennedy Rd.; 電話:852-2521-5041; ホームページ:lcsd.gov.hk/en/parks/hkp/specialties/edward_youde_intro

LOCK CHA TEA HOUSE(樂茶軒); 所在地:K.S. Lo Gallery, Hong Kong Park; 電話:852-2801-7177; ホームページ:lockcha.com












野鳥鑑賞

野鳥鑑賞

hong kong

  • 東南アジア最大の野鳥園で色彩と羽を楽しむ
  • 古代の茶器や年代物の茶器を鑑賞する
  • 伝統的な方法で淹れた現地の素晴らしいお茶を味わう




香港に動物園はありませんが、特にお子様連れの場合、香港公園のEdward Youde Aviary(尤德觀鳥園)に行く価値はあるでしょう。この野鳥園は熱帯雨林を模して設計されたもので、80種以上の鳥類が生息しており、コンラッド香港からも歩いて行ける距離にあります。パシフィック・プレイス・モールにある香港公園方向の標識をたどり、エスカレーターで上へとのぼります。(東南アジア最大の野鳥園であるにもかかわらず、そびえ立つ高層ビルの谷間にうまく収まっています)公園には、Flagstaff Museum of Tea(茶具文物館)もあり、年代物の中国茶器を見たり、ティースタイルの初歩を学んだりできます。茶具文物館の隣にあるLock Cha Tea House(樂茶軒)は、餃子やキノコの包子などの季節に応じたベジタリアン点心ランチメニューを提供しており、碧螺春などの花の香りの軽い緑茶から、プーアル茶のような年代物の黒茶まで、幅広い種類のお茶と共に味わうことができます。店員が伝統的な方法で茶壺にお茶を淹れてくれますので、茶葉をお土産にするなら、ぜひ淹れ方を覚えてください。














パシフィック・プレイス・モールのエスカレーターで公園に入るか、Supreme Court Road(法院道)とKennedy Road(堅尼地道)を歩いて行きましょう。高層ビルに囲まれているのに、そこは確かに公園です。シダの緑と椰子の木を目指していくと、鳥に囲まれてリラックスできる場所に着きます。

EDWARD YOUDE AVIARY(尤德觀鳥園); 所在地:Hong Kong Park, 7 Kennedy Rd.; 電話:852-2521-5041; ホームページ:lcsd.gov.hk/en/parks/hkp/specialties/edward_youde_intro

LOCK CHA TEA HOUSE(樂茶軒); 所在地:K.S. Lo Gallery, Hong Kong Park; 電話:852-2801-7177; ホームページ:lockcha.com